川崎フロンターレ ユニフォーム

川崎フロンターレ ユニフォーム>

フィールドプレイヤー及びGKモデルの全デザインに、肩から袖にかけてプーマの伝統的な「アパレルフォームストライプ」を採用。2017年モデルには、この「アパレルフォームストライプ」を従来の切り替えタイプではなく、ドットプリントで表現することで、軽量化と袖内側部分のフィット性を高め、プレイヤーのパフォーマンス向上を実現しています。

また、ユニフォームのコンセプトは、今シーズンのキャッチフレーズと同じく『Paint it Blue 』。節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象徴となるようなユニフォームを目指して、1stユニフォームにはクラブ初となるフロンターレブルーを全身に配色したデザインを採用しました。

このユニフォームを中心として、応援する時はもちろん、等々力に向かって家を出るときからフロンターレブルーを身に着けて、川崎の街やスタジアムのスタンドを一緒にフロンターレカラーで青く染めよう。

<2017 ACL OFFICIALユニフォーム>

フィールドプレイヤーのデザインに、肩から袖にかけてプーマの伝統的な「アパレルフォームストライプ」を採用。2017年モデルには、この「アパレルフォームストライプ」を従来の切り替えタイプではなく、ドットプリントで表現することで、軽量化と袖内側部分のフィット性を高め、プレイヤーのパフォーマンス向上を実現しています。また、ユニフォームに多摩川の流れをイメージしたグラフィックをドットプリントで表現しています。